石

パワーストーンブレスレットの作り方

パワーストーンブレスレットを身につけることによって不思議な力によって潜在能力が引き出されて発揮されるといわれていわれていて、
実際に身につけている方も多いかと思います。
自分の願っている思いと同じ意味を持つパワーストーンを身につけることで、自らがもっている潜在能力を引きだす力があるといわれています。

パワーストーン専門のお店などもでてきていて、こだわりのパワーストーンを選べる場所が増えてきています。
願いに合ったパワーストーンを選ぶのがよいとされていますが、パワーストーンを見た時にこれだ!とビビッときたものがあった場合には、
意味よりもその直感が大切であるといわれています。
もしそんな石に出会った場合には、何かパワーをくれる石に違いないでしょう。

また、パワーストーンのブレスレットは自分で作ることができます。
意外と手軽にできますので、自分の好きなパワーストーンを選んで作ってみるのもいいかもしれません。
パワーストーンのブレスレットに愛着が沸くことによって思いが強くなり、潜在能力を引き出しやすく意識の向上にもつながりますので、
自分だけのブレスレットを作ってみるのもよいかもしれません。

パワーストーンによってもブレスレットの作り方も違ってきますが、一般的にシリコンゴムなどを使用して、パワーストーンを通して結んでいきます。
強度的に強い糸を使用するようにしますが、比較的強いといわれているシリコンゴムでも一気に切れる場合もありますので2本通し、または4本通しで作っていくとよいでしょう。
一本切れたら、一本新しくいれていけば、一気に切れる心配はなくなります。
パワーストーンは天然石でありますので傷がつきやすいので、丁寧に扱いましょう。

様々な石を使用する場合には、石組み合わせにも注目し、まずは調べてみるとよいでしょう。
自分で作る利点として、自分に合ったサイズで作ることができますので、まず石を決めオリジナルなブレスレットを作りましょう。
他にも、http://www.yume-juya.jp/sutorextupu.htmlにあるようなストラップやイヤホンジャックも作れます。
世界に一つだけの手作りアクセサリーを作ってみましょう。